高所恐怖症

高所恐怖症

高所恐怖症とは恐怖症の一つで、最も有名といわれている恐怖症です。

 

高所恐怖症の人は、高い所に行くと精神的に気分が悪くなったり、気持ち悪くなったり、もしくは物理的に足が震えたり高い所から動けなるなどの症状が出ます。

 

また、どれくらいの高所で恐怖症が発症するかについては、人様々であり、克服も難しい恐怖症となります。

 

ただ、高所恐怖症によって日常の生活に影響でるかというと、そこまで影響が出る状況はめずらしいため、大多数の人が我慢しながら生活をしていると想定されています。

 

ただ、恐怖症といっても人によって様々で、物理的に足が震えて緊張していたとしても、目をつぶって動けば少しは落ち着いたりもしますので、対処法はいくつかあります。

 

ちなみに、高所恐怖症を発症する主な場所としては、高層ビルや長かったり高い階段、山やタワーなど様々な場所となります。

 

人によっては、マンションの2階以上はだめなど様々です。

 

ちなみに恐怖症については、他にも閉所恐怖症であったり、広い場所で恐怖症が発症したりと様々なものがあります。

 

克服方法としては、やはり一種の精神病でもあるため、精神的に強くイメージすることが大事です。

 

例えば、高くて怖いと思うのではなく、高くて見晴らしもよく素晴らしい景色というようにマイナス方向に考えるのではなく、プラス方向に考えていくことが大事です。

 

そしてそれを継続してなれることです。それにより克服される方も多いようです。

 

仕事などで高所で働く人も最初は苦手な方もいるかもしれませんが、慣れて大丈夫になった方もいるようです。

 

<関連ページ>
>>高所恐怖症の症状
>>高所恐怖症の原因
>>克服は可能!?
>>高所恐怖症チェック診断

スポンサードリンク

更新履歴